2019 Giro d’italia 第3ステージ初山翔単独逃げ

2019年5月16日

自転車ロードレースのなかでも、ツール・ド・フランスと並ぶステージレースの最高峰。第102回ジロ・デ・イタリアに出場している初山翔選手(NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ)

第3ステージ220kmをスタート直後から単独逃げを敢行。残り75kmで集団に捕まるまで144kmを独走!

世界最高峰のひとつに数えられるステージレース、ジロ・デ・イタリアで、日本人選手の名前が連呼されてるだけでも凄いことなんです。めちゃくちゃ目立ってます。

日本人選手ということだけでなく、チームのメインスポンサーも日本の企業NIPPO。ここは注目されてナンボのものです。初山選手がイタリア語を話せる事もあって、一発屋に終わらずにイタリアのメディアやロードレースファンに注目されています。

Cyclowired NEWS 201/05/14

距離にして144km、時間にして3時間半におよんだソロエスケープ中、平均スピードは36.3km/h、最高スピードは72.2km/hで、平均出力は255W、最大出力は930Wだった。平均ケイデンスは87rpm。逃げている間の消費カロリーは3,520kcal。

Cyclowiredより引用。初山翔選手の単独逃げ144km独走時の走行データ。パワーメーターで丸裸!にされてしまいますね。競り合いのない独走でも最大出力が930Wも出ている!
平均出力W数もガンガン逃げてパワーを上げ続けているような走りではなかったのに、プロの自転車選手は凡人とはやっぱり違いますね。

ジロ・デ・イタリアは6月2日まで全21ステージで行われます。

初山翔選手の活躍と完走を期待しています。

追記

初山選手がジロ・デ・イタリア完走を果たしました。

初山翔選手は2016年全日本チャンピオン

当時の所属はチームブリヂストン・アンカー。全日本選手権ロードレースでの感動的なワンツーフィニッシュは、翌年度アンカーのカタログの表紙をカッコよく飾っていました。

同じくチーム・ブリヂストン・アンカー所属、リオ五輪出場が内定していた内間選手が落車リタイヤのハプニングに巻き込まれながらも、見事なチームプレーでワンツーフィニッシュ。ゴール手前で優勝した初山選手を送り出した2位の西薗選手が先にガッツポーズしてます。

西薗選手が初山選手を含む先頭の2人に追いつくシーン。個人タイムトライアルにも強く、独走力のある西薗選手だからこそ、後続を引き離して単独でブリッジできたのだろうけれど、、、
力と自信が無ければ出来ない作戦です。追いついて先頭集団が3人になってからは、初山選手のアシストに徹していますね。

そして劇的なワンツーフィニッシュ!カッコイイです!

広告