山岳ガイド澤田実さんカムチャツカ半島カーメン火山で滑落死

2019年5月19日

山岳ガイド澤田実さんがカムチャツカ半島カーメン火山で滑落。死亡が確認された。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

澤田実さんは北海道大学探検部出身。山岳ガイド、スキーガイド、登山専門誌等で活躍。標高と酸素濃度以外はヒマラヤより厳しい冬季黒部縦断に積極的に挑戦していた。1998年にエベレスト登頂歴もあります。探検部出身だけあって、縦走登山、雪山、クライミング、沢登り、山岳スキー等、何でもこなせる山の総合的なガイドだった。日本山岳ガイド協会認定・山岳ガイド・ステージⅡ所持者。国際山岳ガイドに次ぐ難易度の山岳ガイド資格です。

カーメン火山登頂ルートの中でも、難易度の高い未踏の東壁ルートから挑んでいた模様です。

同行の日本人2人は救助されて無事とのことです。

生前に実際に取材し、交友のあった、山岳ライター森山憲一さん森山編集所の追悼記事

ヤマケイ新書”体験的登山技術論”の著書もあります。後半は探検部出身者らしい、登山技術解説書としては異色の内容になっています。山岳ガイドとして基本やセオリーを理解して守りながらも、遊びや個性的な要素もあると言うか。顧客をガイドする時と自分の楽しみを両輪として、上手に使い分けていた方なのだろうと思います。

広告