ベルナール・イノーがMAVIC救済に動いた

2020年6月17日

6月17日速報

MAVICカーinツールドフランス

ベルナール・イノーが経営危機に陥っているMAVICの救世主になるのか

ツール・ド・フランス5度の総合優勝を筆頭に、ジロ・デ・イタリア3勝、世界選手権、パリ~ルーベ、ジロ・デ・ロンバルディア優勝・・・etc
ステージレース、、ワンデーレース、タイムトライアル全てにおいて優勝経験のある真のオールラウンダー。

ロードレース界のレジェンド、ベルナール・イノーが経営危機に陥っているMAVIC社の救済に名乗りを上げました。

イノーはLOOK社のテクニカルアドバイザーも務め、来日経験もあり。

1985年ツール・ド・フランス

ベルナール・イノーがツール・ド・フランスで5勝目を達成した年でもあり、世界初のビンディングペダルLOOK PP65がイノーの足元を支え一世を風靡した年でもある。

LOOKカーボンフレームの登場は翌1986年。この年のツール・ド・フランス優勝者はグレッグ・レモン。
LOOKペダルはその登場からいきなりツール2連勝、LOOKカーボンフレームは1986年のツール・ド・フランスでワンツーフニッシュを達成している。

1986年当時の画像は入手できないのでこれで

ラルプデュエズでワンツーフニッシュのシーン。1986年LOOKカーボンフレーム&ペダルが世界を圧巻した。

1986年ツール・ド・フランス第18ステージ・ラルプデュエズ。総合でもレモンとイノーはワンツーフィニッシュを決め世界を圧巻した。

カンパニョロのポスターも、このゴールシーンだったなー。

2016年まではツール・ド・フランス大会役員も務めていた。

アルケア銀行グループの元CEOであるロナン・ル・モールと、弁護士ディディエ・ポールメールと協力してMAVIC社の財政支援に名乗り

ベルナール・イノーはMAVIC社を救おうとしているビジネスマンの一員に加わりました。

弁護士であるDidier PoulmaireのグループとしてMAVIC社の財政支援を提供する。

仏レキップ紙によると6月19日の締め切りを前に、グルノーブルの商事裁判所には14件の入札がすでに提出されている。

イノー曰く

テクニカルパートナーとして、MAVICは常に路上で困難に直面しているライダーにサービスを提供してきました。今度は、会社が困難なときにMAVICにサービスを提供する番です。公正な交換です。

とのこと。カッコイイぜ。

アルケア銀行グループの元CEOであるロナン・ル・モールと、弁護士ディディエ・ポールメールと協力してMAVIC社の財政支援に名乗りを上げる。

交渉は順調に進んでいる、と報じられている。

7月中旬グルノーブル商事裁判所で申し出が検討される

6月20日追加情報

6月19日、入札が締め切られ14の買収提案が提出された。今後は7月中旬にグルノーブル商事裁判所で検討が進められる模様。

過去記事:仏MAVICが管財人の管理下に

7月21日支援者情報と月末に決定される情報を追加しました。

Twitterにある良さげなイノーの画をニュースの下に繋いでみた。

良かったらご覧になってください。

広告