Tiakiaスマートフォンホルダーを買いました。

2022年7月18日

Tiakia PB04-ACスマホホルダー

Tiakia PB04-ACスマホホルダー

Tiakia PB04-ACスマホホルダー

僕の使い方としてロードバイクにスマホホルダーを取り付ける必要性は感じていませんでした。しかし、電動アシスト自転車や街乗りMTB用途に「あると便利だな~」とTiakia PB04-ACスマホホルダーを導入しました。

Tiakia PB04-ACスマホホルダーのスペック

・適応ハンドルバークランプ径:22~32mm

・適応スマホサイズ:長さ130~168mm、幅65~84mm、厚さ12mm以下。3.5~6.8インチ

・スマートフォンの固定は縦横どちらも可能。固定部分を360度自在に変更可能。

・素材:伸縮式アーム=ステンレス、台座=特殊ナイロン、四角のホルダー部=ABSプラスチック

・重量:カタログ値116g、実測重量115.2g(ハンドルクランプ用ラバーマット全て及びスポンジパッド1枚含む)

・Made in China

Tiakia PB04-ACスマホホルダー付属品
異音防止のスポンジは優れもの。しかし雨ざらしにすると水が沁みてしまうので雨ざらしはNG!
付属品

・日本語取扱説明書

・22~32mm対応ハンドルクランプ用ラバーマット

・走行中のカタカタ音防止に役立つスポンジパッド3枚

Tiakia PB04-ACスマホホルダーのハンドルバークランプ部分
ハンドルバーの径に合わせられるように、ラバーマット(ゴム製のシム)が3枚付属

自転車のハンドルバーの径はママチャリや電動アシスト自転車、MTBやクロスバイクやロードバイク、全ての車種で22.2mmから最大31.8mmです。
エアロハンドルのロードバイク以外、全ての自転車に取り付け可能なTiakia PB04-ACスマホホルダー

旧モデルTiakia PB03-ACは伸縮アームがホルダー部と一体成型で同じ素材のナイロン製。アームがステンレス製になったことで、折れにくくなり耐久性が向上しています。

自転車への取り付け

1.ハンドルバーの径に合わせてラバーマットの枚数を調整しつつ、ノブを回してハンドルにしっかりと固定する。
 ※31.8mm径のハンドルバーではラバーマットは1枚も使わず不要です。

2.伸縮式アームを引っ張って広げる。1本を引っ張れば広がりますが、対角線のアーム2か所を引っ張ると軽い力で楽に広げられます。

Tiakia PB04-ACスマホホルダー伸縮式アーム

3.スマートフォンを台座にセット。バネでアームは自動的に縮みます。隙間やガタが無いか確認します。

Tiakia PB04-ACスマホホルダー

4.裏側のロックレバーをパチン!と音がするまでスライドしてアームを固定する。

5.スマートフォンの取り付け角度を調整。好みの角度でノブを回してしっかりと固定する。

調整範囲も広いので使い勝手の良い好みの角度に調整できます。

6.2か所のノブを回して増し締め。確実に固定されているか確認して完了です。

工具不要でノブを手で回して締めるネジは、長期間の使用で緩む場合があります。定期的に増し締めして、緩みが無いか確認を怠らないようにしましょう。

Tiakia PB04-ACスマホホルダーのレビューと評価

スマートフォンの厚みにあわせて付属スポンジパッドを敷き確実に取り付けると、ガタや異音も皆無!

敢えて段差や荒れた路面を走行してみましたが、しっかりと確実に固定されておりスマホが落ちるような気配は全くありません。

Tiakia PB04-ACスマホホルダー

スマホ画面角度の調整幅も広く、縦置き横置きどちらでも可能。

固定が確実で信頼性も高く、安心して使えます。

長期間の使用で緩む場合があるので、固定用ノブは定期的に増し締めすると良いでしょう。

個人的評価は5点満点中4.5点

Tiakia PB04-ACスマホホルダーは信頼性が高く安心して使用できる、お勧めできる製品です。