速報!クリス・フルームが来季チーム移籍

2020年7月9日コラムと関連ニュース

2021年度からイスラエル・スタートアップネイションへ移籍

アクセス集中し過ぎてイスラエル・スタートアップネイションのサイトが見られないw

Cyclingnews.com

8月1日(UCIの移籍契約解禁日)に正式に契約を交わし、現役を引退するまでの契約期限になるようです。

契約年棒は5億円とも。

チーム・イネオスの公式発表

クリス・フルームは10年間所属したチームでの最後のシーズンとなる。

移籍の噂話もまんざら噂や嘘ではなかったってことか。その頃から水面下で交渉が進められていたのでしょう。

事の発端は6月18日に公開されたイタリアTUTTOBICI WEBのニュースから。

この報道を最初に知ったときは、シーズン途中で契約も残っているのに移籍する訳ないだろ。飛ばし記事だな、と思っていました。

コロナの影響でレースが中止になり、そもそもシーズン途中と言うよりもロードレースは始まってもいないし。

イネオスではエースで走ることが出来なくなったから移籍なのかなあ?
来期はフルームと契約延長はしないという報道もあったし。

火のない所に煙は立たぬ

ってオチでした。

国内メディアからも報道

シクロワイアード

サイクルスポーツ.jp

サイクリスト・サンスポ

2018年ツール・ド・フランス総合優勝のゲラント・トーマスと2019年ツール・ド・フランス総合優勝のエガン・ベルナルそして2013年、2015年、2016年、2017年に4度の総合優勝の実績があるクリス・フルーム。

ツール・ド・フランスにどのような戦略で挑むのでしょうか。

フルームはツールはアシストとして。ヴェルタにはエースとして臨むという一部報道もあります。

イネオス・クナーフェン監督インタビュー

疑うつもりはないけれど、鵜呑みにはできないなー。

レースシーンから目が離せませんね。

怪我明けからビーガンに転生したフルームが、どんなパフォーマンスを見せて復活してくるのか。

非常に興味があるところです。

広告