ワコーズ・バリアスコート

2021年1月21日

ワコーズ・バリアスコート

自転車メンテナンス最後の仕上げにワコーズ・バリアスコート

掃除とメンテの最後の仕上げに、お勧めのコーティング剤ワコーズ・バリアスコート

艶消しマット塗装にも使える。

汚れを落とす効果もあるため、作業が短時間で完了する。

などの自転車メンテには嬉しい特徴があります。

少量の使用で良いため、容量比コスパが悪いように感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

大切な愛車の塗装をいつまでもコンディション良く保つために、お勧めのコーティング剤です。

マイナーチェンジがあり中身が改良され、艶出し効果がパワーアップしています。外箱右下にA142の表記があれば新型(旧型はA141)。

ワコーズ・バリアスコートの特徴

ワコーズ・バリアスコートの特徴

・ガラス系コーティング剤。ワックスとは異なる為、マット塗装にも使える。

・洗車後に塗布がベストですがクリーニング効果もあるので、少々汚れている塗装面でも使用可能。

・洗車後の水分が残っている状態でも施工可能。

・金属や樹脂にも使える。

・マイクロファイバークロス2枚付属。

・中性で研磨剤は含まれていない。軽量化のため塗装が薄いハイエンド・ロードバイクには特におすすめ。

・内容量:300ml

ワコーズ・バリアスコート
使用上の注意点

・分離性のため缶をよく振ってから使う。

・少量をできるだけ薄く伸ばして使う。

・施工後コーティングが定着するまでの1~2日は、雨ざらしにしたり水に濡れないようにする。

・可燃性が高いので、完全に使い切ってから缶に穴を開けて捨てましょう。(ガス抜きキャップ付属)

汚れが付着して落ちにくかったり変色寸前の樹脂製品に使っても、驚くほど綺麗になります。

マット塗装にも使えて金属製品やカーボン製品にも使えるので、自転車に使うならワックスよりも利用範囲が広い。
当然ながらリムブレーキのリム制動面やディスクブレーキ車のローター等には使わないでね。

マット塗装に施工する場合には、バリアスコートを塗装面にスプレーするよりもクロスにスプレーすると薄くムラなく伸ばせます。

正直スプレータイプのワコーズ・バリアスコートよりも艶のテカり具合、ツヤツヤテカテカに輝くケミカルは他にあります。

しかし軽い汚れを落としながらコーティングできる施工の手軽さと、塗装面だけではなく樹脂や金属にも使える応用範囲の広さ。

マイナーチェンジで被膜の持ち、輝き具合と耐久性が上がっているように感じます。

作業難易度や時間/価格で言えば、効率が良くて満足度も高いおすすめのコーティング剤です。

広告