MAVIC模造品ホイールに関する注意を呼びかけ

2021年3月10日

MAVIC模造品ホイール

偽造品ホイールの使用は危険!重大な怪我や死亡事故に繋がる可能性があります。

AliExpress等で見受けられる中華偽物ホイールへの注意喚起を促しています。MAVICは実際に破損テストを行い、品質の不備や耐久性のなさを実証実験で証明しています。

今後は更なる調査と法的措置を検討している模様です。

MAVIC模造品ホイールに関する注意を呼びかけ|cyclowired

サイクルスポーツ

模造品と正規MAVICホイールの視覚的な違いと見分け方として、下記の指摘例が挙げられています。

年式やモデルチェンジによって正規品もロゴやスペック、ネーミングなどは変わります。

模造品と正規MAVICホイールの視覚的な違いと見分け方
  1. デザインの品質が悪い
  2. 低品質のステッカー
  3. ハブのMAVICのロゴがない
  4. 間違ったMAVICロゴ仕様(種類、材質、数量など)がMavic純正製品(現行モデルまたは旧モデル)と一致していない
  5. Jベントスポークを使用している
  6. スポーク本数が異なる
  7. リムの高さと幅の相違
  8. ハブ自体が異なる

そして耐久テストや破損テストでは、実際の使用に耐えられないような破損例が報告されています。

ブレーキ効率の基本的なISO 4210 規格テスト。

破壊させるテストではなく、主にブレーキ性能を目的にしたテスト検証方法。
10回のブレーキ操作を行い、本実験前に表面を整えるて慣らす。ライダー+バイクを想定した130kgの総重量の条件で、35km/hで20daNの力でブレーキをかける。
35km/h,20daNの力でブレーキをかける本実験の開始直後に模造品ホイールはリムが破損。

50回のブレーキングを繰り返し行う制動力テスト

変形、剥離、摩耗など、模造品ホイールはリムが完全に破損。

耐久テストではMAVICの基準値を満たしていない。

このような模造品、模倣品ブランドを販売又は譲渡する行為は商標法、意匠法、著作権法などの法律で禁止される違法行為に当たります。

また、耐久性に欠ける為に破損事故や重大な怪我に繋がってしまう可能性もあり得ます。

自転車、ロードバイクは乗車する本人のみならず、周囲に対しても安全性が損なわれるべきものではありません。

信頼性と安全性をよくよく考えて検討し、模倣品や中華ホイールの購入や使用は踏みとどまりたいものですね。

AliExpress偽物MAVICホイール

最近はシクロワイアードの記事内にある模造品以上に、巧妙に作られた偽物MAVICホイールが増えています。

見分け方はあくまでも1例に過ぎません。AliExpressに出品されている模造品ホイールを例に挙げると

例1

AliExpress偽物MAVICホイール

画像は一見本物っぽく見える。Jベンドスポークではなくストレートプルスポーク。ハブも遠目には本物っぽく巧妙に出来ている。

最新の高quality30/40/50ミリメートルオリジナルホット販売700C合金vブレーキ自転車ホイールbmxロードバイクホイールセット道路アルミcosmic elite

検索で容易に見つからないようにする為なのか、商標的に問題が大きくならないようにする為なのか、MAVICのブランド名がテキストとして謳われていない。
cosmic eliteの商品名が詐称されているのみ。

では、本物のcosmic eliteとの違いを見ていこう。

リム

AliExpress模造品MAVICホイール

MAVICのエアロ系ホイール、コスミックのエントリーモデルであるcosmic eliteはアルミリム。上位モデルはカーボンリムになります。

本物のリムハイトは30mmのみ。AliExpressの偽物は30mm,40mm,50mmとリムハイトが選択可能。

本物リムのブレーキゾーンはシルバー。UBコントロールと呼ばれる、制動面を平にする切削加工が施されている。偽物は黒。ブレーキゾーンの処理がされていない。

ロゴ

MAVICメーカーロゴが統一されていない。偽物のハブは新ロゴなのにリムは旧ロゴ。

SSC

MAVIC最上位グレードだけに許されるSSC=スペシャル・サービス・ド・コルサの名称。

本物はCOSMIC ULTIMATEやR-SYS SLRなど、最上位グレードにしかSSCマークは付かない。偽物はエントリーグレードのcosmic eliteにSSCマークが付けられている。

モデル名

本物と偽物ではリムサイドのシールcosmic eliteの書体が異なる。偽物のモデル名は書体が本物と異なるだけではなくcosmic SLRになっている。

例2

AliExpress模造品MAVICホイール

こちらの商品説明にはメーカー名もモデル名も書かれていません。コスメ的にMAVICを模倣している模造品ホイール。

しかしリムのcosmicステッカーが純正とは異なっています。

模造品はリムハイト50mmのアルミリム。アルミリムで50mmというディープリムなので、鉄下駄ホイール並みに重量は前輪1280グラム後輪1445グラムもある。
模造品の公表スペックはそのまま信用することはできませんが。

こちらもブレーキゾーンのUBコントロール加工、ブレーキ制動面を平滑に切削する加工がされていないので、ブレーキゾーンの色が黒。

AliExpress模造品MAVICホイール

本物はジラクルスポーク=アルミスポークのみでスポークのカラーを1本だけイエローにしている。スチールスポークでイエロースポークのモデルはありません。

リムとハブのMAVICロゴは新ロゴで一応は統一されている。しかし黄色のスポークをよくよく見てみるとKsyrium PROのロゴが!リムはcosmicなのにモデル名が統一されていない。

そして黄色スポークだけが妙に太くスペックや画像からでは詳細が不明ですが、ここだけスポークの素材がアルミ製になっている可能性もあります。

太さや材質の異なるスポークを1本だけ使うと、ホイールのバランスが崩れて振れが出やすくなったり、特定のスポークが折れやすくなってしまいます。

AliExpress模造品MAVICホイール

一見巧妙にカッコ良くも見える模造品の偽物MAVICハブ。本物アルミリム仕様のcosmic eliteのハブはカーボン胴ではないし、MAVICのブランド名だけでなくハブにもcosmic eliteのグレードシールが貼られる。

cosmic eliteより上位グレードのホイールに使われているハブは、フランジの内側からスポークを通せない仕様、スポークの頭を通す切り欠きがフランジの内側には無く、万一スポークが走行中に折れたとしても、折れたスポークが外れて飛散しないような構造になっています。
そして上位グレードのハブシャフトは両側ロックナットではありません。

他にも多量に多種多様な模倣品ホイールが出品されています。

模造品のMAVICロゴ

模造品MAVICロゴ

旧ロゴ模造品の1例です。これ以外にもあるかと思われます。

転売

AliExpresだけで模倣品ホイールが出回っている訳ではありません。

Amazon、メルカリ、Yahooオークションなどのインターネット通販やオークションで、中華模造品ホイールが意図的に、又は出品者が意図していない場合も有るかもしれませんが販売されています。

またMAVICホイールに限った話ではありません。カンパニョーロ、ZIPP、コリマ、ENVE、FFWDなど各有名ブランドの模倣品ホイール、特にカーボンホイールは正規品と比較すると価格が非常に安いので、模造品ホイールの流通が多い。

有名メーカーのカーボンフレームの模造品も非常に多く出回っています。

カーボン製品は使用している素材や製法の違いで、強度や耐久性に天地の差があります。

僕は模造品のフレームやホイールを手にした事はありませんが、

友人が買った中華カーボン製品の話

中華ステム一体型カーボン製エアロドロップハンドルの例

衰えて出力が落ちている僕でも、力を入れてハンドルバーを引くとグニャグニャにしなる。驚くほどたわんで怖い。

友人は値段の安さに釣られて買ってしまった事を後悔して、1回乗っただけで正規メーカー品のハンドルバー&ステムに交換しました。

某中華ホイール

1度試乗させてもらいましたが、横剛性不足でパワーロスを感じて加速が鈍い。もがくとシュータッチする。

自分の経験ではありませんが、長期使用、特にダウンヒルのブレーキングによる発熱での破損、破損に至らなくてもリムの変形はいくつも見てきました。膨らんだりゆがんだり。

ブレーキ制動面のiTgMAX処理がされている正規品MAVICカーボンホイールは、ブレーキがとても良く効きます。

価格の安い中華カーボンホイールは、このような製造技術もなくコストの掛かる製法もできない。カタログスペックでは見えない剛性や耐久性、ブレーキの効きなどの安全面に関わる品質や性能には大きな違いがあります。

フレームやホイール、ハンドルバーなどは特に、走行中の安全に関わる重要な構成部品です。走行中に突然折れたら・・・と考えると、重大な事故や怪我に繋がってしまう可能性が十分に考えられます。

信頼のおける正規メーカー品を使いたいものですね。