MAVIC キシリウムPROカーボンSL UST ホイール

2020年6月6日

MAVICキシリウムPROカーボンSL USTホイール

同モデルのクリンチャーホイールも持ってるのに、買ってしまいましたよ。USTチューブレス

キシリウムPROカーボンSLの乗り味やフィーリングはとても気に入っていて、USTチューブレスの現行モデルのホイールも気になっていたのです。
クリンチャーに特別不満があった訳ではないんですけどね。と言うか、クリンチャー仕様のキシリウムPROカーボンSLもかなり気に入っています。

MAVIC Ksyrium PRO Carbon SL USTのスペック

スポーク / F18本ラジアル組,R24本イソパルス組 ( フリー側ラジアル )

リム / カーボン製iTgMAX処理,ハイト25mm,外幅24.5mm,内幅19mm

実測重量 / F655g,R844g

ハブ / インスタントドライブ360

※タイヤも含めたMAVIC USTチューブレス システムは、シーラントを必要とするチューブレスレディ

リムの内側にスポーク穴がないアルミ製リムのキシリウムUSTとは異なり、MAVICのカーボンリムUSTホイールは専用リムテープでチューブレスレディ化している。

MAVIC Ksyrium PRO Carbon SL USTインプレッション

クリンチャー仕様の旧モデルと比較してUSTチューブレス化に対応するために、ホイールは前後ペアで55gの重量増。リム幅が2mm広がっている。
USTはスポークのテンションも上がっている。チューブレスはチューブを必要とするクリンチャーよりも、リムに内圧が掛かるからだそう。

ホイールの基本設計や構造は変わっていない。USTチューブレス化に合わせたチューニングが施されている。

そして実走

正直に告白します。

クリンチャーの前モデルと比べて、ホイール前後で55gの重量増(特に外周部のリム)、スポークテンションの違い、これに伴う走行感の違いは正直感じられませんでした。

タイヤの走行感の違いは明確に感じ取れるのだけれど・・。

クリンチャーかUSTチューブレスかの違いはあれども、基本的なホイールの設計は同じ。その性格はほぼ同じだからなー、と言い訳してみる。

リムの重量で55g差があれば、普通は乗れば判るだろ
片輪で約20~30g差だぞ

USTチューブレスタイヤがトラクションの掛かりが良いので、
重量増が相殺されているのかしら。
ホントに重量差が感じ取れなかった。

バランスが良くて、気持ちの良い走行感。適度な弾性で振動吸収性も良く、疲労が溜まってきたときでも脚に堪える事がない。
かといって剛性不足でグニャグニャだったり、パワーロスするような感覚もない。

ロードレースやそれに近い速度域が常用になるなら、40mm以上のハイトのあるディープリムの方が明らかに空気抵抗は少ない。
でも、キシリウムPROカーボンは25mmのローハイトリムながら、アルミリム&アルミのジラクルスポークを使ったキシリウムPROよりも、明らかに平坦や下りで空気抵抗は少なく楽に感じられる。

そしてヤワじゃないのに乗り心地は良い。高速域がズバ抜けて良いとか、ヒルクライム最強!の突出したところはないけれど、ホイールに求める各項目の平均点が高い優等生。

そして、相変わらずブレーキは良く効く。

LOOK 785 HUEZ RSを含めてパリッとした高弾性カーボンを使ったフレームには、適度な弾性(バネ感)があって振動や衝撃の突き上げの角を取っていなすカーボンリム&スチールスポークのフィーリングが合うのでは、と個人的には思うところ。

かといって、いくら軽量だとは言えシ〇ノC24くらい剛性が落ちてしまうと個人的には嫌だ。

ロードバイクのホイールには、乗り手やフレームに丁度良くフィットする剛性感が大切。

レースに出なくなった身としては、強烈な横風に煽られるようなこともないし、ロングライドでのフィーリングは良いし、クリンチャーのMAVICキシリウムPROカーボンSL C同様にお気に入りのホイールになりました。

採点

MAVICキシリウムPROカーボンSLUST採点レーダーチャート

特出したところはないけれども、ホイールに求められるあらゆる要素の平均点が高いフィーリング。レースに使わないなら総合的に満足度が高いホイールです。

MAVICイクシオンPRO USTタイヤ

チューブレスタイヤの空気圧
チューブレスタイヤの空気圧

MAVICイクシオンPRO USTチューブレスレディ700×25Cタイヤは、グリップも良くトラクションがしっかり掛かって不満はないです。
いや、不満がないどころかクリンチャー版同モデルよりも、コーナリンググリップもトラクションも上回っている。
でもタイヤそのものの腰が強いというか、空気圧を落とし気味にしないと、乗り心地スゲー!!までにはならないです。

調整ライドやまったりライドではMAVICアプリで算出した空気圧よりも低いF4.8bar、R5.3Barまで落として乗ることもあります。
空気圧を落としても、走行抵抗が増えずに重くならないのはチューブレスの長所。

強度を上げて走るときはF5.5Bar、R6.0Barまで上げる。

タイヤについては、いずれIRCフォーミュラPRO RBCCとの比較記事を書く予定です。

早々とパンクしてしまいました。

広告