Vivaldi WEBブラウザ

2019年9月17日インターネット全般

Vivaldiという名のWEBブラウザ

Vivaldiセットアップ

作曲家のアントニオ・ヴィヴァルディを検索したら、WEBブラウザにもVivaldiがある事を発見。3年前にリリースされていたようだけれど、全く知らなかった。遅い?

調べものを検索しているとき、普段は目的以外のサイトが検索結果に反映されるとイヤだけれど、こんな発見もあるんだな、と。

Vivaldi Technologiesは、オペラの創設者の1人でありCEOであったヨン・スティーブンソン・フォン・テッツナーによって設立された。本社はノルウェー・オスロ。

拡張機能が豊富、カスタマイズ性が高い、メモリー使用量が少ない、動作が軽快等の特徴を持つ。ヘビーユーザーには好評で、とっくの昔から使い始めている様子。Windows版、Mac版、Linux版、Androidベータ版がある。

プライバシーやセキュリティ対策も考慮されている。ユーザーの要望に耳を傾け、アップデートも頻繁に行われている。

ユーザーがブラウザーに合わせるのではなく、ブラウザーがユーザーに合わせるべきです。

ブラウザーを自分に合うようカスタマイズして使いたい、多くの方がそう願っていると私たちは考えています。パフォーマンスやセキュリティーを犠牲にすることなく、もっと色々なことができるツールを使いたがっている、と。そしてその希望に耳を傾けてほしいのだ、と。

Google Chromeと同じくChromiumをベースとして開発されているため、Google Chrome向けの拡張機能を利用することができる。プライバシー強化の観点からChromiumの同期機能は使わず独自に実装された同期機能が存在する。

名前の由来は作曲家アントニオ・ヴィヴァルディ

覚えやすくて、世界中で知られていて、革新的な名前だったから。ヴィヴァルディの音楽が当時とても革新的だとされていたからと、革新的なブラウザを作っていきたいという思いを込めて命名されたそう。

作曲家ヴィヴァルディは1つの曲を600回も編曲して世に送り出した、などと揶揄されることもある。本質を見失わずにユーザーの声に耳を傾けて、改善改良をまめに積み重ねているWEBブラウザのヴィヴァルディと思想が共通する点がある。

ビバルディ調和の幻想

ヴィヴァルディ「調和の幻想」イ・ムジチ合奏団

古いCDなのでケースが曇ってきているし写真が汚い。撮り直そう。

個人的には有名な四季よりも調和の幻想の方が好き。イ・ムジチの四季は2500万枚以上も売れているそうです。イ・ムジチ合奏団は来日公演も多く、日本人の心を掴んで泣かせるツボを心得ていると思う。

ヴィヴァルディファンとしてはWEBブラウザのVivaldiも使わない訳にはいかない。

WEBブラウザのVivaldiは2018年の時点で世界シェアは僅か0.05%に過ぎない。そのうち日本人が15%を占めている。日本国内でのVivaldiのシェアは第7位で0.22%。Wikipediaより

イ・ムジチ演奏のヴィヴァルディのように圧倒的な支持を得られるようになるのか。今後の動向にも注目です。

Vivaldiを使ってみた

速い!

まだ使い始めて間もないけれど、速いぜVivaldi!これはいいかも。

使い勝手も悪くない。慣れてないから一瞬戸惑うところもあるけれど、基本的には直観的に操作できる。

FirefoxとGoogle Chromeをユーザー登録が必要なWEBサイト用と閲覧用とを使い分けていた僕にとって、Vivaldiは機能的にも良さそうです。

登録しなかったけど無料で使えるweb mail機能もある。

スピードダイヤル

vivaldispeeddial

ブックマークよりスピードダイヤルが使いやすい。並べ替えも簡単。列数や背景画像も任意に変えられる。見た目もいいし機能的で使いやすい。

その他、これから使いながら気が付いた事や、設定の事など書き足していこうと思う。

スピードダイヤルに多くのサイトを登録しておくと、起動が遅くなるかなー。スタートページを変更すれば変わるかもしれない。

広告