シマノ公式ロードバイク専用ティザーサイト

2021年8月26日

先日からシマノ公式のティザーサイトが登場。話題になっています。

https://road.shimano.com/jp/the-next-episode/

シマノ公式ロードバイク専用ティザーサイト

SHIMANO ROAD いよいよロードがあなたの近くへ「Science of Speed」の新章へ、と題された新サイトは言語の選択とCookie受け入れを必要とする世界同時公開。

内容はまだ見ることは出来ませんがURLやコンテンツから推測するに、ロードバイク専用のWEBサイトであることは間違いなさそうです。

カウントダウン公開は9月1日午前1時

世界中のロードバイク乗り、シマノファンを落胆させたシマノ100周年ティザーサイト同様に、カウントダウンが行われています。

カウンターがゼロになるのは、日本時間9月1日深夜の午前1時

日本以外の国では実質8月31日に発表となる国も多そうです。しかしこれは、情報化の時代、グローバルな世界に於いて、時差がある世界各国で国ごとに9月1日発表を徹底することは不可能ですから、このような公開方法になるのでしょう。

これは既成事実として噂されている新型R9200デュラエース&新型R8100アルテグラ同時発表か!?

と期待してしまいます。

カウントダウンが始まったこのサイトで、発表が「シンガポール工場が稼働し品切れが解消に向かいます」とかでは終わりませんよね?シマノさん。

これほど欠品が多く買えない人が多いのに、好調な業績で推移しているシマノ。8月末のこの記事を書いている時点で入荷が来年の春なんて部品も多いんだよなあ・・・。

新型デュラエース&アルテグラの発表も楽しみですが、欠品や品切れを解消して貰いたいものです。

新型R9200デュラエース&新型R8100アルテグラ

ツール・ド・フランスや東京オリンピックで新型デュラエースのプロトタイプが使われるのではと期待しましたが、そのような気配は全くありませんでした。

しかし8月も後半に入ると完成車メーカーの2022年モデルの情報が漏れ始め、新型R9200デュラエース&新型R8100アルテグラの詳細も徐々に判明してきました。

過去に判明した特許出願情報と併せて現在のところ分かっている新型R9200デュラエース&新型R8100アルテグラのスペックまとめ。

新型R9200デュラエース&新型R8100アルテグラ共通スペック

・リアは12速。トップギヤは11Tから

・デュアルコントロールレバーにボタン電池を内蔵したセミワイヤレス

・バッテリー~フロントディレーラー~リアディレーラー間は有線接続

・充電ポートはリアディレーラーに備わる。端子形状は従来品と異なり互換性無し。

・ワイヤレスユニット、ジャンクションAは不要になる。(リアディレーラーが役割を担う?)

・エレクトリックワイヤーは従来品と異なり互換性無し。

・HGフリーボディとスプロケット。従来品と互換性あり。

機械式変速仕様、通称紐式の有無やワイヤー式キャリパーブレーキ仕様の有無は、現時点で情報と言うか噂が交錯し正確なところは不明です。

デュラエースのリアディレーラーはロングゲージのGSタイプとなり、ロー最大ギヤ34Tが使えるようになる模様。

新型デュラエースはDi2のみ。新型アルテグラは生産が間に合わない為なのかDi2先行発売で、ワイヤー式変速仕様はR8000の11S仕様が継続発売との噂がありますが、真偽は現在のところ不明。

待ちに待った新型R9200デュラエース&新型R8100アルテグラ情報公開となるのか!?

期待して待つことにしましょう。

2021年9月1日 20:00よりシマノスクエアよりYoutube liveで生配信開始

8月31日追加情報

YouTubeでもシマノスクエアから何か氏ら発信されるのかもしれません。

広告