WEBサイト・診断ツール

2019年4月9日

WEBサイトのクオリティを上げるために、参考になるオンライン診断ツールを紹介します。全て無料、ユーザー登録不要でURLを入力するだけで診断してくれます。

Google PageSpeed Insights

google pageSpeed insights

WEBサイトの表示速度の診断ツール。特にモバイル端末からのアクセスを重視しています。改善ポイントの指摘も多岐に渡り、参考になります。

カスタマイズ機能が豊富(豊富過ぎる?)テーマを使っていると、やはり重くなって読み込みは遅いです。サイトを開設してからでは手遅れかもしれませんが、サーバーの応答速度は、やはり格安サーバーでは遅い・・・。共用サーバーではアクセスの多い時間帯や他のサイトの影響も受けるでしょうし。

何度かテストしてみましたが、100点満点中、テストする度に10点以内程度で点数が上下するのです。1回だけの点数を鵜呑みにせず、共用サーバーでは曜日や時間帯を変えて何度か試してみるべきだと思います。サーバー選びで7割がたほぼ決まってしまうかもですね。

少ないサンプル数でのテストですが、さくらVPSは早くて高得点でした。超高速オールSSDを謳っていても、レスポンスの遅いサーバーもありました。簡単に誰でもホームページが作れると盛んに宣伝しているWIXは、ここに点数を書く事が憚られるほど得点は低かったです。

僕はここの診断結果からAMP Pluginを導入し、モバイル端末の応答速度が向上しました。AMPはGoogleが強く推奨していて、このプラグインで、モバイル端末からのアクセスでは確実に表示速度が上がります。

しかし!!

使っているWordPressテーマの仕様次第で、カットされてしまう画像があったり、ページのレイアウトや見栄えが、こちらの意図とは変わったものになってしまう場合があります。レイアウトが崩れてしまう場合があります。AMPはデメリットも有るので、暫く様子を見るつもりです。不要と判断した場合は、プラグインを停止するだけで済みますし。テーマやCSSによってAMP化した際の挙動が大きく異なるようです。

5月6日追加

その後の対策:100点満点を取った方法を報告。AMPプラグインも使用停止しました。

gtmetrix

GTmetrix.com

こちらもサイト表示速度測定サービス。詳細なスコアとしてわかりやすく表示されます。

 Pingdom Website Speed Test

同様に表示速度を主体とした検査ツール。こちらでもチェックしてみることをお勧めします。

Nibbler-Test any website

Nibbler Test any website

詳細な項目に渡ってユーザー利便性と、SEO最適化をチェックできるオンライン診断ツール

twitterやFacebookのSNSから、他のWEBサイトからの被リンク数も確認できます。

Googleモバイルフレンドリーテスト

Googleモバイルフレンドリーテスト

モバイル・ユーザビリティに特化したテスト。内部構造よりもユーザー側からの視点でのテストになります。

レスポンシブWEBデザインになっていれば、こちらのテストは問題ない結果になるはずです。

Googleアナリティクス・デバイス別セッション数は、直近の1週間でモバイル端末での訪問が70,6%を占めています。パソコンからのアクセスは22,9%に過ぎませんでした。スマートフォンからのアクセスに対して、出来る限りユーザーフレンドリーにサイトを構築していきたいものです。

Mozilla Observatory

Mozilla Observatory

Firefoxで知られているMozilla提供のオンライン採点ツールMozilla Observatory。WEBサイトの安全性をA+~Fまで、更に詳細な採点で評価。改善ポイントも解説してくれます。httpレスポンスヘッダとSSL関連項目がメイン。WordPressブログの場合、WAFやセキュリティプラグインの攻撃耐性の採点ではありません。

テーマの書き換えが必要になるので、点数を上げる対策は中~上級者向きでしょうか。

「あなたのWEBサイトはhttpsになっていますが、httpでもアクセスできるよ。リダイレクト処理してね。」は未対応だったので、対策することが出来ました。

って言うか、レスポンスヘッダでXSS攻撃を防御することもできるのですね。勉強になりました。

WEBサイト診断まとめ

それぞれがユーザーにとって利便性の高いサイトを構築していくために、参考になるサイトです。診断の採点基準がそれぞれのサイトで異なる場合があります。複数のテストサイトで試してみることをお勧めします。

個人的にはサーバーの性能とWordPressブログの場合はテーマで、速度の採点は決まりそう。テーマのスペックの比重が大きいのではないかと、現時点では推測しています。

サイトのパフォーマンス診断ツールを各種紹介しました。

マルウェア感染診断やセキュリティチェックのためのオンライン診断ツール

2020年3月20日追加

Fast or Slow – Global Website Speed Profiler

WEBサイトパフォーマンスチェックツール

セキュリテプラグインで有名なWordfenceが提供するWEBサイト診断ツール

後発なだけに優れた点も多く、わかり易いので単独記事で紹介します。

広告