ワコーズCHLチェーンルブ

ワコーズ・チェーンルブスプレー

ワコーズチェーンルブ・スプレー

スポーツバイクの日常的なお手入れで、定期的に必要となるのがチェーンへの注油です。

チェーンを長持ちさせ錆びを予防する、駆動抵抗を低減する金属に必須の潤滑剤。

快適なライドのために、最初の1本としてお勧めなのがワコーズ・チェーンルブのスプレータイプ。

ワコーズ・チェーンルブの特徴

・内容量:180mL

・ハーフウェットのスプレータイプ

・フッ素樹脂系固体潤滑剤を配合し潤滑性、耐摩耗性、耐水性に優れ長持ち

・添加剤の働きで油溶解性に優れ、多少の汚れに対してクリーニング効果もある

・水置換性(錆びの原因となる水分を追い出す働き)潤滑防錆被膜を形成

・浸透性に優れている

・高粘着性ポリマーの働きで薄い被膜をチェーン表面に形成。表面保護と飛散し難い特性を備える

短時間で手軽にメンテナンスと注油を済ませられるように、添加剤に様々な工夫と改良がされているワコーズ・チェーンルブ。

雨に降られてしまった、本格的にクリーニングするほどではないけれどチェーンが少し汚れている。こんな時でもワコーズ・チェーンルブをスプレーして、拭き取りをすればお手軽にメンテナンスは完了します。

ペダルを逆回転させながらチェーン全体に満遍なくスプレー。5~10分ほどしたら同じくペダルを逆回転させながらウェスで余分なルブを拭き取ります。

短時間でできる難しい知識や施工技術が必要ない、正に初心者サイクリストさんにうってつけのチェーンルブなのです。

ノズルの長さや噴出量も適正。約5cm程度離してスプレーすると、ちょうどチェーンに行き渡る噴出角度になります。

使い方のポイント

1.缶を良く振ってからスプレーする

2.スプレー後に入念に拭き取り、余分なルブを除去すること

3.スプレー後に時間の経過と共に皮膜が安定し強化される性質の為、走る直前よりも事前に注油しておく

4.雨に濡れたら帰宅直後に直ぐスプレー。水置換性の特性で水分を追い出し錆びを防ぐ

ワコーズは汚れが付きやすいと言う人もいるけれど、それは拭き取りが足りないから。
入念に拭き取ってもコマの内部やチェーン表面には必要充分な皮膜が残ります。

チェーンが汚れるのは気になる。でもドライタイプのルブでは耐久性や耐水性に不安、というサイクリストにもお勧めできます。

スプレー後に飛散を抑え、成分が安定して油膜を形成するまでの経過時間の目安は約10分。

最低でも走り始める10分前までに注油を済ませておくと良いです。

雨に濡れてしまったり汚れ落としを兼ねるときは、スプレー後に5~10分程度経過してから拭き取りすると良い。

通常の拭き取り作業も、添加剤が仕事をする時間とローラーの内部に浸透する時間を考慮して、スプレー直後に拭き取るよりも5~10分経過してから拭き取り作業をすると良い。

総合的に見て

シリアスにペダリングの軽さを求めるなら、他に好みに合ったルブを探した方が良いかもしれない。

しかし手軽さとチェーンに求められる潤滑油としての品質と性能が高次元でバランスが取れているのが、このワコーズ・チェーンルブのスプレータイプです。

ワコーズのチェーンルブでもボトル入りのリキッドタイプは、水置換性や付着性を強化する増調剤、流動点降下剤、消泡剤などの添加剤が入っていません。
リキッドタイプは”チェーンルブ”と商品名が同じでも特性が全く異なり、手軽さが無い代わりにシリアスに駆動抵抗やペダリングのフィーリングに特化したマニア向け。

初心者サイクリストでも手軽に確実に注油が出来るよう、添加剤の働きで様々な工夫がされているのが、このワコーズ・チェーンルブのスプレータイプなのです。

くれぐれも注油後の拭き取り作業は入念に行ってください。