複数台のロードバイク、ライディングポジションを合わせる

2019年10月16日

乗車姿勢を合わせる

2台以上、複数台のロードバイクのポジションを合わせて、一致させるにはどうすればいいのか。趣味なのだから同じフレームで2台では面白くない。ジオメトリーの違うバイクで同じポジションにするために、僕の取った方法です。

2台目を買う前の事前準備として、フィッティングが決まりポジションが固まっている人向けです。

サドル高さと後退幅は合わせる。

サドルは同じメーカーの同じモデルを使う。サドルが変わるとノーズの長さの違いから、後退幅を一致させてもライディングポジションは変わってしまう。特にセラSMPと他メーカーのサドルや、ショートノーズと一般的なサドルでは根本的に形状と寸法が異なる。このように大きく異なるサドル複数を使い分けている場合は、実際に乗車したときのフィーリング優先でフィッティングした方が良いです。

ハンドルバーは同じものを使う。

ドロップバーのリーチやドロップ、寸法や形状が変わってしまうと、当然ポジションも変わってしまう。特にライディング時に最も長時間持っていることになる、ブラケットの位置が変わってしまっては良くない。同じハンドルバーを使い、デュアルコントロールレバーの取付位置やハンドルバーの取付角度を一致させる。

クランクも同じ長さ。ペダルも可能な限り同じモデルを。ペダルのスタックハイトが異なるため。

実際に測っておくべき寸法

ボトムブラケット中心~サドル上面まで。サドル先端~ハンドルバー中心までの距離。地面~ハンドルバークランプ部上面までの高さ。サドル後退幅。

サドル後退幅を計るには「下げ振り」を使います。BB中心~サドル先端から垂らした下げ振りの糸までの距離。地面が傾いていると誤差がでるので、バイクを180度ターンして2回計測し平均値を出す。

他はフレームのジオメトリーから、スタック&リーチ・カリキュレーターなるものに当てはめていきます。

stack and reach calculator スタック&リーチ・カリキュレーター

ロードバイクのジオメトリー各寸法を入力し、2台のポジションに関わる寸法差を調べる。またステムの長さと角度、コラムスペーサーの厚さ高さを変えて、ライディングポジションを出来る限り近づけることが可能になる、便利なオンライン計算器があります。

ジオメトリー全ての寸法が公表されていないバイクのリーチやスタックを割り出す事にも使える。

エクセル表のセルが青の箇所、トップチューブ、ヘットチューブ、ヘッドアングル、シートアングル、ハンガードロップ・・・バイクのジオメトリー各部の寸法やステム長や角度などを入力していく。13行目以降は自動計算で算出されます。

9行目FORK RAKEはフロントフォーク・オフセットの事。欧米ではレイク(rake)が一般的に使われています。

12行目SPACERS + HEADSET + STEM STACK*0.5は、コラムスペーサー厚み合計+ヘッドセットのトップカバーの高さ+ステムクランプ部分の高さの2分の1中央部寸法の合計。実測がベスト。ヘッドセットのトップカバーの高さなんて、スペックで公表されていないですし。

ジオメトリー表でフォークレングスなどが公表されていないメーカーは、実測するしかありません。フロントハブシャフト中心~ヘッドチューブとフォーククラウンの境目までを測ります。

ステムの長さと角度、コラムスペーサーの数値は、17行目STACK WITH SPACERS + STEMと18行目REACH WITH SPACERS + STEMのDIFFERENCE(差)の数値が出来るだけ小さくなるように調整。但し実際にある製品の寸法で。ステム長102mmなどはNGです。ステム角度はコラムを基準に90度を0として入力します。

CALCULATE BASED ON GEOMETRY
GEOMETRY785 HUEZBIKE BDIFFERENCE
TOP TUBE LENGTH (EFF)528.1530-1.90
HEAD TUBE LENGTH142.112517.10
HEAD TUBE ANGLE71.873-1.20
SEAT TUBE ANGLE7473.50.50
BB DROP6568-3.00
FORK LENGTH368370-2.00
FORK RAKE50455.00
STEM LENGTH1001000.00
STEM ANGLE-6-60.00
SPACERS + HEADSET + STEM STACK*0.53645-9.00
STACK532.90527.185.72
REACH375.29373.841.45
STACK WITH SPACERS567.10570.21-3.11
REACH WITH SPACERS364.05360.693.36
STACK WITH SPACERS + STEM588.23589.29-1.06
REACH WITH SPACERS + STEM461.79458.852.94

LOOK 785 HUES RSとはヘッドチューブ長は17.1mmも違うのに、スタックは5.72mmしか違わなかった。コラムスペーサー10mm1枚で調整可能な範囲なのです。(ヘッドセットのトップカバー高さの差も含めるとSPACERS + HEADSET + STEM STACK×0.5は9mm差)

重要なのはリーチとスタック

ライディングポジションに関係する重要なジオメトリーは、リーチとスタックです。ステムによる調整幅があるにせよ、リーチでハンドルバーまでの距離が決まり、スタックでハンドルバーの高さがほぼ決まる。サドル高さと後退幅が決まっている事が前提。サドルは上下も前後も大きく動かせるので、シートピラーが長く出ていてカッコイイとかはあるけれど、フレームサイズは大きな要素ではありません。

サドル、ハンドル、ペダル(正確にはボトムブラケット)の3点、乗車姿勢に関わるこの3点の位置が重要です。大げさに言えばフレームは、この3点を乗り手に具合良く結ぶ3角形に過ぎない。

LOOK 785 HUEZ RSリーチスタック
カタログスペック(メーカー公称値)375.0mm534.0mm
カリキュレーターで算出された寸法375.29mm532.9mm

ささやかな誤差があるけれども、計算上はステムの長さと角度は同じものを使っても、10mmコラムスペーサー1枚でハンドルバークランプ部の寸法差は高さは約1mm下がり、距離約3mmプラスに収まりました。ステム長がプロに供給されているようにミリ単位であれば、もっと詰められるのだけれども。乗り比べると違和感を感じない程度ですが違いは感じる。

最後の仕上げとして必要があれば、組み上げた状態での実測や、ライディング時の感覚でポジションを詰めていく。

785 HUEZ RSに3mmコラムスペーサー追加、又はもう1台の方で3mm下げると違和感のない範囲内に収まりそうです。どちらに合わせるか比較検討中。

他のカリキュレーター

オンライン上で動作するので、こちらの方がお勧め。ユーザー登録も必要ありません。

ポジションが固まっていない人にとっても2台目のバイク選びで、適切なサイズを選ぶのにも使えるのではないでしょうか。

広告